子供がいう事を聞かない、私が悪いの?

やってはいけない事を繰り返す
そんな時、自分が母親として良くないのかしらと
自己否定になってしまう事はありませんか?

母親の中の良いの範囲を超える行動をするお子さんは
実は、お母さんの既成概念を壊しているのです

子供に教える事はたった2つ

1、自分の命を大切にする
2、人の命を大切にする

それだけです。

しかる理由は

子供が小さなころの良い悪いはとても小さなことが多く
よくよく考えたらやって欲しくない事の理由は

1、他のママからなんていわれるかが嫌

2、他の人からダメな子よねと思われるのが嫌

3、母親として失格よねと言われるのが嫌

4、子供をちゃんと育てねば

そのようなことではないでしょうか

大人の良い悪いの概念の外にいるのが、子供達なのです。

子供の可能性は親の既成概念の外

既成概念とは世の中の常識とか、正しいと思っている事なのですが
世の中はどんどん変わり
10年前からユーチューバ―などの職業が生まれてきました
彼らはどんな人達かというと
最先端の物を使い、最先端の情報を作り上げた人達です
今の素晴らしいと言われる物は10年経てば又変わっていくでしょう

子供を育てる時、自分の規制概念で育てれば
時代遅れの概念の子供になってしまいます

自分たちにも、良いと思っている事に親の概念がかなり入っている事に気づきませんか?

例えば
名前がある大学、名前がある大手企業がすごい
定職について真面目に働くことが大切だ
簡単に職を辞めるものではない

このような概念に縛られず
子供の無限の可能性を開き、生きていく力を身に付けるように
育てたいですね

ママの為の子供の魅力の見つけ方

 

他のお子さんと比べて同じように出来ていれば安心し
他のお子さんと比べ出来てなければ、大丈夫かと心配する
これでは平均点の子しかできません

魅力とは足りない事のように見える事から見つけることが出来ます
人と同じではない所に着目するのです

いつも忘れ物をする子、人に貸してもらい迷惑をかける

この子は、忘れ物をしても人に助けてもらえる人徳があるのです
助けが来ることを知っているので、神経質に準備をしないのでしょう
性格が包容力があるから自分も貸せるでしょうし、人にも貸してもらえるのです

助けが来ることを知っている子は新しい事にもチャレンジできる強さがある事です。
忘れ物をする人は臨機応変で何とかしてしまう知恵を持っています。
そこを小さなころから磨いていくのですから
新しい事に挑戦する仕事も出来るでしょう

貸してくれる子に感謝をしたら、助け合い精神を学んでいくでしょう

乱暴で困っている

人に乱暴をする理由があるのです
まず人と関わりたい、自分の意思を通したい、でも上手く行かない
でも人と関わりたい

小さなころに関わりを学ぶ事で、大人になってどんな人とも
コミュニケーションが取れる大人になれます。
上司にもはっきり意見を伝える。そんな子は海外でも大丈夫
乱暴をする理由を良く見てあげることで本質の良さが見えてきます

いつも一人になってお友達が出来ない

繊細で周りの状況を見ているだけの子かもしれませんね
繊細な子は他の人のちょっとした気持ちに敏感で
遠慮したり、引いたりしてしまいます。
ですが、冷静に周りを見ているので人とぶつかったりせず
全体を把握します。
何か好きなことに天才的な要素を持つことも多く
例えゲームや遊びに見えても追及してしていくとその道のプロに
なるような大人になるのかもしれませんね

実際に虫ばかり見ていた子が研究職に就く事がありましたよ

人と違う魅力を見つけて無限の可能性を開く

人とは違う所、そこがその子の面白みで個性で魅力なのです
出来ない所や困った所を否定して改善させるのか
そこを肯定的に捉え個性として伸ばしてあげるのか

平均を求める学校の先生にもできない
学力を伸ばすだけの塾の先生にも出来ない
ママとパパだけが見つけてあげられる個性で魅力です。

日本魅力アップ協会のおしらせ

魅力アップアドバイザーについて
魅力アップアドバイザー養成講座の流れ
日本魅力アップ協会資料請求

魅力を引き出す5つのステップ無料メール
人の魅力を引き出すプロを作る
魅力アップアドバイザー 峯苫由布子
宇宙の真理大好きの代表のアメブロ