女性らしいとはどんな人?

男性にはない女性の特徴はなんでしょう
多くの女性が女性らしくなりたいと思っています

女性らしさは、優しさや柔らかさ、しなやかさ
それを振る舞いで伝える事も出来るのです
今回は女性らしく綺麗と言われる振る舞いのコツをお伝えします

綺麗と言われる振る舞いの3つの基本

1、頭が沢山動かない

おしゃべりしているとき
手や頭が沢山動くととても落ち着かないですね。うなずくときもゆっくり大きく
うなずきましょう。

歩いているとき
日本人は前かがみでパタパタ歩く方が多いのですが、これは着物歩きのせいです
靴の外側がすり減るような歩き方をなさっている方は、頭が横ブレしています。
平均台の上を歩くように重心をまっすぐにして歩くと頭の横ブレが無くなります。
頭が動かないとスマートな印象ですね。

椅子に座る時
椅子の座る時頭が前後に動く方がとても多いのですが
スクワットの筋肉を使って頭をまっすぐして座ってみましょう
生徒さんがこれを習って婚活パーティで「座り方が綺麗ですね」と言われたと
感想を頂きました。
椅子の座り方動画レッスンを掲載します。

2、指先、足先まで意識が入っている

指先の意識が入っている
ナイフフォークを持つとき、ワイングラスを持つとき、バックを持つとき
書類やペン、携帯を持つとき
指の先にまで意識が入るととても美しく指が動かせます。
動きによって人への印象が変わります。
手先は特に気になります。

女性の手首は最大の武器
手首の動かし方で女性の振る舞いは大人っぽく美しくなります。
パーティバックを持つときの手首。お茶を出す時の手首
手先を上げてくださいね
動画はワイングラスで頂くときの手首の使い方をレッスンしています

足先まで綺麗に動かす
足先にまで意識が入ると、靴に傷がつかないよう履きこなせるようになります。
靴のかかとやつま先をすぐ傷つける方は「100万円の靴」を履いたつもりで歩いてみると
ドタバタとは歩けません。
足音が消え、とっても綺麗になりますよ。

3、ゆっくり動く

手を差し出す時
柔らかくゆっくり動かすと女性らしいしなやかさを
印象付けることが出来る
コーヒーカップや携帯に手を伸ばす時に気を付けてみませんか

歩くとき
大きくゆっくる歩いたほうが自信があり颯爽としています
小股でチョコチョコ歩くと子供っぽくいつも急いでいる印象を与えてしまいます
足音がしないようにかかとからつま先まで使った歩き方が出来ると
代謝改善、冷え性対策にも効果的

立ち居振る舞いが美しいメリット

☑初めてのお店で丁寧に扱われ良い席に案内してもらえる
☑第一印象がとても良くなる
☑齢を重ねても美しいですねと言われる
☑服や持ち物が良い物に思われる

 

立ち振る舞いが学びたい方は東京本校アルレスカ
講師を目指す方は日本魅力アップ協会講座案内へ