専業主婦10年から起業しました

もう15年前の話になりますが専業主婦10年の私が
いきなり起業を思い立ちました
1年だけ銀行に就職した経験でサラリーマンには向かないし
組織のねじの1つのようなサラリーマンより
自分だけの仕事を創りたいと思ったからです
それに子供が小さいため、長時間の仕事が厳しいこともありました
しかし、専業主婦10年という事は
浦島太郎状態に等しいのです

当時の私の状態

ワードが打てない
(パソコン、携帯なんてなかったのです)
経験が無い
後ろ盾もない
資金もない(若いころのわずかな貯金のみ)
バツイチ4歳と10歳の子供(近くに両親は住んでいた)

ブライダルプロデュースの学校に行っていた
フラワーアレンジメントの講師資格は持っていた
小さな広告会社でアルバイトをした
保育園ママの人脈はわずかにあり

主婦から起業するときに気を付ける事

沢山の失敗をしてその都度謝り
怒られ、主婦ならではの世間知らずで言えたこともありましたが
その中で主婦や子育て中の女性の
気を付けるべきことを5つお伝えします

1、時間にルーズ

主婦の生活は時間にあまり縛られません。

主婦の友達もちょっとくらい遅れても気にしないし
子供や旦那様優先で許されるし笑ってすんじゃいます
私もついついぎりぎり族、友達との付き合いはとってもルーズ
になってしまいます。

ところが
ビジネスでは何時から打ち合わせと決まれば
目下の者は遅れる事はあり得ないですし
10分前行動を出来るかできないかってとても大切です
プロとしての最初の自覚になります

「主婦から起業した」はちゃんとできるの?と思われてしまうのですから
特に気をつけなくては信用を作れません

ささいな事でも約束を守る

こまめに連絡を入れる

時間を守る

実際に
私も会食に5分遅れてしまい、大切な仕事を逃したことがありました
謝ればいいかなと甘い考えだった主婦感覚の私が居ました

打ち合わせをするという事は、相手の貴重な時間を貰うという事です
いきなりNECの方と組んで仕事をしようとしたときに
こっぴどく叱られたことがありましたが
本当にありがたく思っています。
私にはその時間意識がなくて、その方が何かをやってくれると
甘えていたような気がします。

他にも
講師をお願いした友人が講座に電話もせず10分遅れてきた事がありました。
生徒さんはずっと待っていますし、会場の経費も掛かります。
そして主催した私は心配で不安でたまりません
遅れてきた友人は、どんなに大変だったかを言い訳し
一生懸命来たことを訴えていました
その友人は良い話をしてくれましたがもう二度と怖くて頼めない
と思いました

2、社会的立場を尊重する

主婦にはない上下関係で成り立っているのが社会です

大きな企業の研修をコーディネートした時
研修の場を取材したいとTV局からお話がありました
つい嬉しくなって
社長に直接メールして、許可を取ってしまいました
担当部長から社長に直接メールするのではなく
担当部署を通してくださいと釘を指されました
今考えればごもっともなことなのですが
社会経験のなかった私はちっともわからなくて失敗してしまいました

3、判断を人の言葉でしない

世の中にはコンサルやら起業サポートなどいろんな人が居ます
そんな方々の意見やコンサルを受けるのもいいと思います
が、最終的な判断は自分でする事が大切です。

自分で調べて納得して行動して
初めて自分でやった自立なのではないでしょうか
誰かに言われたことで動いていると結局責任が取れません
失敗したら誰かのせい?
全て引き寄せているのは自分です

あの人はこんな人らしいよ
そんな会話が多く聞こえる主婦生活
是非判断は自分でしたいのです
しゃべったこともないのに、色眼鏡で見てしまう
この意識では
私生活でもビジネスでもチャンスが入ってこなくなります

起業とはすべての責任を自分で取る覚悟が必要なんです

4、子供を言い訳にする

在る時、異業種交流会の中で税理士の先生に言われた言葉がありました
「あなたは子供の話をしなければいいのに」

これから事業をどうやっていくの?と尋ねられ
あんまり考えてなかった私は
「子供がまだ小さいから、」と返事をしたのです。

本当は自分に自信が無いだけなのに、小さな子供がまだいるからと
言い訳しているのを見透かされました。
恥ずかしい思いをしました。

公私のけじめがついてないのですね

子供は関係ない事業の話なのだから
「後○年は小さい規模でやっていきます」
「大きくするときには是非教えてください」と
返事が出来ればよかったのですね

200905171728000

 

5、お金にルーズ

お金の支払いや集金は起業すると直接問題となって表れます
見積もりや支払期限
会社なら当然、書類上も期日も正しく行うものです

事業をやるうえで
お支払いを頂けば領収書やレシートもお出ししますし

請求書をお送りすることもあります

色々体験しましたが
お金をルーズに扱う方は、なんとなく信用が付きません
友人同士で割り勘をして、金額を振り込んでねと約束をしたとき。
次の日に支払う方と、後伸ばしにして2度も3度も催促しなくてはいけない方と分かれます
友達同士でもお金はしっかりとする事を心がけたいですね

女性の起業は芯を作って柳の様に柔軟に

多くの生徒さんの起業サポートをやってきましたが
その人その人にあったやり方や考え方があり

起業に正解も間違いも無いのです

女性達は多くの人生の岐路に立たされます
キャリアを積んでいても、出産で辞めざるを得ない
女性の一番の強みは柳の様なしなやかさ
これに芯があることが
自立していく事に繋がるのです

日本魅力アップ協会の起業サポートは
コンサル(1つのやり方を教える)ではなく
プロデュース(その方に合った方法を組み合わせる)
そのように考えています

女性達の起業ブームですが
芯を持って夢を形にしましょう

日本魅力アップ協会 峯苫由布子

無料魅力アップレッスン