日本人の姿勢の良い事の間違い

日本人は姿勢が良いという事は胸を張る事と思いがちです
でもお腹に意識が無く胸だけを張って頑張っていると腰痛になります
昔の軍隊の敬礼のような無理のある姿勢になってしまいます。

姿勢が良いという事は
骨盤に身体がまっすぐ上に載っている
上から引っ張られるように頭頂が上を向いていて
上半身に力が入らずスッと伸びたような姿勢は
体幹を使って身体を伸ばすのです

201105291924000

何で違うの日本人と西洋人の歩き方

日本人の歩き方は草履の歩き方です
重心が前の鼻緒にかかり、すり足で内股に歩きます
多くの日本人が靴の外側がすり減るのは足の小指を使って
歩いているせいです

一方西洋の靴の歩き方は重心は真ん中に在り
後ろ足で身体を押し出すように大股で歩きます

住宅事情も、すべて下にあった日本
かまどもしゃがみ、ちゃぶ台にしゃがんで座り、トイレも和式は
しゃがみます。

西洋の生活はソファーに座りテーブルで食事をして
ベッドで寝る

日本も今では西洋の住宅事情になりましたが
振る舞いは昔のまま
ヒールで颯爽と歩ける方はとっても少ないですね
私達日本人も西洋人のように振る舞えば
ヒップアップで足を長く見せ、ウエストもくびれも作ることが出来るのです

パリジェンヌの振る舞い

パリジェンヌは齢を重ねるほど
堂々と肩で風を切って歩く
音をさせないスマートな椅子の使い方、
前を向いたままおしゃべりをしながらワインを飲む
ナイフフォークを指先だけで優雅に使う

日本人との振る舞いが全然違うのです

フランス在住の日本人女性がレッスンに来られて
「なぜフランス人は歩くのが早いのか
どうやって音をさせずに椅子の座るのか、
良くわかりました」
フランスで振る舞うのが楽しみと言われていました

綺麗な歩き方どこで見る?

洋装での歩き方のポイントは後ろ姿と横の姿です
「ハイヒールで颯爽と」と聞いて
日本人の歩き方がそう思えないのは小股で
猫背で歩いているからです

横から見たときに
1、膝の裏がしっかり伸びている
2、上体がまっすぐ上に伸びている

後ろから見た時
1、頭が下に向いていない
2、背中の肩甲骨が引っ込んでいる

 

歩き方のポイント

1、内股を直すためにつま先を外に向け
2、横ブレを無くすために1本の線の上を歩きます

3、足音を無くし足幅を出すために
足の裏全部を使い、しっかり後ろ足で押し出し
歩きます

横の姿に女性の美しさ

女性の姿の美しさは
横に在ります。背中から腰がくびれ
ヒップに掛けての丸み
そこを意識して、洋服を選んだりバックを持ったりすることで
いつも美しい姿を出すことが出来ます

 

歩くときの後ろ足の使い方でスタイルアップ

歩くときの後ろ足の押し出しは日本人女性は
とても苦手な所ですが
それが出来るとヒップアップに繋がります
冷え性や代謝の悪さも足の指をしっかり使って
解消してみましょう