こんにちは、日本魅力アップ協会の峯苫由布子です

先日は魅力アップレッスンの「喜ばれる話し方」講座を
東久留米のエステサロンで開催してきました。

地元にしっかりと根付くという事は
お客様一人一人を大切にしているという事ですね
長年のお客様に集まって頂きました
東京東久留米のエステサロン「アロマルーム」
足の瘦身は脚を細く美しくする為に宝塚の受験生が
何人もいらっしゃっているサロンです

部下への伝え方

今回は「喜ばれる話し方」講座を開催しました
最初に話し方で解決したいことや困っている事をお聞きしました
その中で

引継ぎで忙しく部下に電話を取って欲しいと伝えたのだけど
中々とってくれない

そんな悩みが出てきました

部下へなかなか上手く伝えられていないのですね

部下の気持ちから考えてみましょう
「忙しいから電話を取って欲しいと言われた
忙しそうなのはわかるけど
これ以上仕事が増えるのは私にも無理があるしなんとなく嫌だわ」

これが本音でしょうか

部下への伝え方「時期を区切る」

こんな時には時期を区切ってお願いします
「1週間だけお願い」
人はずっと忙しいのは嫌だけど
時期を区切られるとその期間なら頑張れると思うものです

「今からずっと頑張って」と言われたら萎えるけど
「今日だけ」「一週間だけ」と伝えます
部下がお願いしたことをやってくれたら
「本当に助かったありがとう」と感謝する事で
もっと気持ちよくやってくれるようになります

人には承認欲求がある

感謝されたり承認されたり
本質が求めていますからやる気がわきます

何でやってくれないの?と不満が出てしまうと
相手も不満を返してくるものです

先に感謝するところを見つけると上手く行きますよ

 

日本魅力アップ協会のおしらせ

魅力アップアドバイザーについて

魅力アップアドバイザー養成講座の流れ

日本魅力アップ協会資料請求

魅力を引き出す5つのステップ無料メール
人の魅力を引き出すプロを作る
魅力アップアドバイザー 峯苫由布子